PAGE TOP

強風に目を瞑り空を仰ぐ

「シュウマイ」のことの本や論文を書くとしたら、どういったことを書く?「友達」の一般的な解説とかかな。それとも、自分独自の視点からの見解かな。

凍えそうな祝日の早朝にこっそりと
会社員だったころ、いまいち辞めるきっかけがやってこなかった。
そこまで退職したかったという訳ではなかったから。
もう余裕がなかったのかもしれない。
でも、その日、ハッキリ辞めさせてくださいと話した。
そんな日に限って、普段ちょっと気難しいと思っていたKさんが、声をかけてきてくれた。
会話で、私の気持ちを知らないKさんが「この仕事、大変だよね。だけど君はしばらくやっていけるよ。」と言ってきた。
色々あったので泣きそうになった。
このことから、その日の帰りに、上司に退職を無かったことにしてもらった。

勢いで熱弁する父さんと花粉症
息子の2歳の誕生日が近づいているので、誕生日プレゼントをどんなものに決めようかを考えている。
妻と相談して、体を使って遊ぶ遊具か頭を使うものか着るものなどにするかを決めようとしている。
考えてばかりでなかなか決められないので、ものを見て選ぶことにしたけど、これだというものがなかった。
けれど、子供に近くにいかせてみたら、以外とすぐに決めることができた。
トンネルの遊具に夢中になったから、これに決めた。
ただ、今のマンションが小さいので、小さくてコンパクトなやつにした。
値段もわりと安かったので、よかった。
雨が降る金曜の深夜は窓から
なぜか心が折れそうな感じになってしまい、何も苦しくなった。
これといった訳はなく、急に切なくなったり、すべてが無意味に思えた。
そんな心持だったけれど、外での仕事がきた。
内容は毎年恒例の野外のイベントごとで、立派な案件だった。
ミスってはマズいので、自分を忘れて集中しているうちに元の楽観的な気分になってきた。
そういえば、安定感がない時、昼間に太陽の光を浴びようと思ったりしなかった。
あまり部屋にこもらず活動するのも良い事だと思う。

勢いでダンスする家族と暑い日差し
働き始めて間もないころ、知識がなく、目立つ厄介なことを起こしてしまった。
気にすることはないと話してくれたお客さんだが、お詫びの仕方も浮かんでくることがなく、落ち込んでしまった。
同じく新人らしきお客さんが、スタバのラテをどうぞ、と言ってくれた。
間違って2個オーダーしちゃったんだ、と話しながら違う種類の飲み物2つ。
ノッポで細身で、すっごく親切そうな顔つきをした女性。
嬉しかったな、と思い出す。
月が見える平日の夜は食事を
名の知れた見どころになっている、斑鳩寺、つまり法隆寺へ出向いた。
法隆寺式伽藍配置も思う存分見れて、五重塔、講堂も目にすることができた。
資料館では、国宝指定されている玉虫厨子があり、思っていたよりも巨大なものだった。
このお寺に関して勉強するには思いのほか、膨大な時間を要するのではないかとみている。

雹が降った水曜の午前は熱燗を
4年前から、鹿児島に住むようになって台風をたいそう気にするようになった。
風の強さが全然違うからだ。
九州北部に住んでいたことも茨城に住んでいたこともあるが、しかし、台風の風の被害が全然違う。
サッカーのゴールポストが転がっていくと話を聞いた時は、オーバーだと思ったが、本当だった。
超大型台風が通った後は、ヤシや大木は道に倒れ、海沿いの道路は海からのゴミであふれ車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海辺の家や民宿では、車両のフロントガラスが破損したり、民家のガラスが割れ、風が入って天井が飛んだりと嘘だと考えていたようなことを見た。
直撃せずにかすめていくだけでも風は大変強く、古い民家にいると家の揺れる音がものすごく心配してしまう。
風の無い月曜の昼は料理を
江國香織の話に登場するヒロインは、陰と陽を潜めていると思う。
不倫を責めない。
恋の一種ではあるが、運命的に大切に思っているのは旦那様だけのたった一人。
そんな女の人たちがよく登場するような気がします。
不倫を陰だとすれば、本命は陽。
ふとした瞬間にスイッチが入ったように陰が登場する。
旦那意外との恋愛に関する善悪は無視して、その物語の女の人を見つめる。
私の中にもう一つの恋愛観や価値観が登場することもある。

目を閉じて吠える兄さんとあられ雲
「絶対にこうで当然だ!」と、自分の価値観のみで他人を裁くのは悪くはない。
と言いたいけれど、世の中には、人それぞれと言われるものが個人の周辺にまとわりついてくる。
それを頭に置いておけば自信を持つのは良いけれど、あまり否定するのはどうかな?と考える。
まあ、これも私の考えでしかないんだけれど。
暮らしにくい世になるかもしれない。
凍えそうな休日の夕方は昔を思い出す
私は、アパートで個人で行えるような働き方をして、たまに誘いがあるとチームの仕事に出る。
たった、稀にだけど、非常に面倒くさく思えて仕方ない。
いっそ引き受けるの辞めてしまおうとか。
一日が始まれば頑張るけれど、大勢の社員にはさまれて、団体で業務をするのは難題だ。
なんて、友達に持ちかけると、気持ちは分からなくない、など豪快に笑っていた。

寒い月曜の午後に立ちっぱなしで
遠くの故郷に住んでいる嫁のお母さんもかわいい孫の為だといって、大変一杯手作りのものを縫って届けてくれている。
アンパンマンがとても気にいっているのだと話したら、伝えたキャラクターの布で、作成してくれたが、裁縫するための布の金額がとても高価できっきょうしていた。
縫物の為の生地は横、縦、上下のキャラクターの向きが存在していて気をつけなくてはならないらしい。
とはいえ、豊富に、作成してくれて、届けてくれた。
孫はめちゃめちゃ愛らしいのだろう。

薬剤師・ドラッグストアの求人情報
薬剤師の求人・転職先を探している薬剤師さんへ。就職・転職するための求人や職場の情報、薬剤師の求人を探すならこちらがオススメ。
Copyright (c) 2015 強風に目を瞑り空を仰ぐ All rights reserved.