奈良市 多重債務 法律事務所

奈良市に住んでいる人が借金返済など、お金の相談をするならコチラ!

借金返済の悩み

奈良市で借金・債務の悩み相談をする場合、どこがいいのか決められないでいませんか?
せっかく相談するなら、優秀な弁護士や司法書士がいる法律事務所や法務事務所を選びたいですよね。
ここでは、インターネットで無料相談が出来る、オススメの法務事務所・法律事務所を紹介しています。
奈良市にお住まいの方にも対応していますし、相談は無料なので安心です。
いきなり直接相談するのは少し気後れする、と思っている方にもお勧めです。
借金返済・お金で困っているなら、まずは司法書士や弁護士に相談して、解決への道を探してみませんか?

多重債務や借金の相談を奈良市に住んでいる方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

奈良市の多重債務・借金返済問題の相談なら、ココがおススメです。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の法律事務所。
初期費用が無料だから、今の手持ちがなくても安心です。
代金の支払いは、分割払いでもOKです。
弁護士への相談料ももちろん無料!
借金取り立てのストップもできます。
過払い金、任意整理、自己破産、個人再生、など、債務や借金の悩みについて相談できます。。
しかも、24時間365日、いつでも受け付けてくれます。
フリーダイヤル(電話代0円)で相談受付することができるので、借金返済で悩んでいる方も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、債務や過払いの問題が相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたに適したやり方で、どうにもならない借金問題を解決します。
それと、過払い金の請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から支払できます。
任意整理も、和解成功報酬や減額報酬などは一切取らないため、お得に解決が可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口も用意されているので、女性の人も安心して相談できることでしょう。
まずは無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

奈良市在住の方が債務整理・借金の相談をするなら、コレもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネットを使った診断ツール。
とても簡単な質問に答えるだけで、どうすれば借金が減るかという方法や、毎月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、少し気後れする。
そんな人にピッタリです。
しかも、匿名&無料で利用できます☆
全国対応しているサービスなので、奈良市の人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすかが分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名&無料で使える!
  • 全国に対応!
あなたの借金・債務の悩み、匿名で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の診断と相談を。



弁護士へ相談前の注意



他の奈良市近くにある弁護士や司法書士の事務所の紹介

他にも奈良市にはいくつかの法務事務所・法律事務所があります。これらも参考にしてください。


●奈良学園前村上司法書士事務所
奈良県奈良市学園北1丁目14-5平本ビル3階
0742-81-3371
http://murakami-shihou.jp

●はなしば法律事務所
奈良県奈良市花芝町16-1第2丸谷ビル2F
0742-20-0300
http://hanashiba-lo.com

●M本司法書士事務所
奈良県奈良市東包永町71-2
0742-20-0550
http://daibutu.machimado.com

●樋口司法書士事務所
奈良県奈良市秋篠三和町2丁目11-2
0742-44-5100
http://h-syoshi.com

●ALEX綜合法律事務所
奈良県奈良市学園南3丁目1-5奈良市西部会館7階
0742-52-7330
http://alex-law.jp

●山岸憲一司法書士事務所
奈良県奈良市高天市町11-1
0742-20-1821
http://kcn.ne.jp

●奈良合同法律事務所
奈良県奈良市登大路町36大和ビル4F
0742-26-2457
http://naragodo.com

●松本・板野法律事務所
奈良県奈良市登大路町11-1登大路プラッツ3F
0742-20-6686
http://matsumoto-itano.com

●上松法律事務所
奈良県奈良市花芝町6
0742-81-7162
http://ocn.ne.jp

●大阪芙蓉法律事務所(弁護士法人)
奈良県奈良市高天町48-5
0742-24-7751
http://osakafuyo.jp

●南都総合法律事務所
奈良県奈良市高天町10-1
0742-26-2100
http://nantosogo.net

●司法書士やまとみらい法務事務所
奈良県奈良市法華寺町1-5
0742-30-6360
http://yamatomirai.net

●奈良県司法書士会
奈良県奈良市西木辻町320-5
0742-22-6677
http://narashihou.or.jp

●かえで司法書士事務所
奈良県奈良市西大寺本町2-20プラムキャッスル605
0742-30-1245
http://kaede28.com

●山本泰生司法書士事務所
奈良県奈良市芝辻町2丁目10-26新田村ビル2F
0742-36-0616
http://sihoshosi.com

●奈良弁護士会
奈良県奈良市中筋町22-1
0742-22-2035
http://naben.or.jp

●奈良駅前債務整理相談センター(奈良法律事務所)
奈良県奈良市中筋町5-1
0742-23-1875
http://nara-saimuseiri.com

●森田功司法書士事務所
奈良県奈良市油阪町456MIT第2森田ビル4F
0742-22-1532
http://web1.kcn.jp

●司法書士大野法務事務所
奈良県奈良市鶴舞東町2-11松下興産ビル301号
0742-52-0855
http://ono-houmu.com

奈良市にある地元の法務事務所や法律事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、いきなり直接相談するより、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、手軽に気軽に相談できるのではないでしょうか。

借金返済、奈良市で困ったことになった理由とは

消費者金融やクレジットカード業者等からの借入れ金で悩んでいる方は、きっと高い金利にため息をついているでしょう。
借金したのは自分なので、自己責任だからしょうがありません。
ですが、いくつものクレジットカード会社や消費者金融から借金していると、額が多くなって、とてもじゃないけど完済できなくなってしまいます。
月々の返済だとほとんど金利しか返済できていない、というような状況の人もいるのではないでしょうか。
ここまで来てしまうと、自分ひとりの力で借金を全部返すのはほぼ不可能と言っていいでしょう。
債務整理をするために、はやめに弁護士・司法書士に相談するべきです。
どうすれば今ある借金をキレイにできるか、借りたお金を減額することができるのか、過払い金はないのか、など、司法書士や弁護士の知識・知恵を貸してもらいましょう。
借金・お金の問題の解決は、相談するのが始めの一歩です。

奈良市/借金の延滞金の減額交渉を行おう|多重債務

借金が返す事ができなくなってしまう理由のひとつには高額の利息があげられます。
いま現在は昔のようにグレーゾーン金利も無くなっているが、それでも無担保のカードローン・キャッシングの金利は決して安いとはいえないのです。
それゆえに返済の計画をしっかりと立てておかないと払戻しが厳しくなってしまい、延滞が有る時は、延滞金が必要になるのです。
借金は放っていても、より金利が増加し、延滞金も増えてしまいますから、迅速に対処することが肝要です。
借金の返済が不可能になったときは債務整理で借金を身軽にしてもらうことも考慮してみましょう。
債務整理もさまざまな進め方が有りますが、減額することで払戻しが可能であるのならば自己破産よりも任意整理を選ぶと良いでしょう。
任意整理をすれば、将来の利息等をカットしてもらう事が出来、遅延損害金などの延滞金も交渉により減らしてもらう事が可能ですから、相当返済は楽に行えるようになるでしょう。
借金が全くなくなるのではありませんが、債務整理以前と比較しずいぶん返済が軽くなるので、より順調に元金が減額できるようになります。
こうした手続きは弁護士などその分野に強い方にお願いしたらよりスムーズに進むので、まずは無料相談などを活用してみてはいかがでしょうか。

奈良市|自己破産のリスクってどんなもの?/多重債務

率直に言って社会一般で言われている程自己破産のリスクはそんなに多くないです。土地、マイホーム、高価な車など高価格の物は処分されるのですが、生きる中で要るものは処分されないです。
又二〇万円以下の貯蓄は持っていてもよいです。それと当面の数か月分の生活する上で必要な費用一〇〇万未満ならば取り上げられることはないのです。
官報に破産者のリストとして載りますがこれもごく特定の人しか見ないものです。
又俗にブラックリストに載って7年間ぐらいはローン・キャッシングが使用出来ない現状となりますが、これは仕方がないことなのです。
あと一定の職種につけなくなると言うこともあります。ですがこれもごく限られた範囲の職種なのです。
したがいまして債務超過で返すことが出来ない借金を抱えこんでいるのなら自己破産を実施するのもひとつの手段でしょう。自己破産を進めれば今日までの借金がゼロになり、新規に人生をスタートすると言う事でメリットの方が多いと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限として税理士や公認会計士や司法書士や弁護士などの資格は取り消されるのです。私法上の資格制限として後見人や遺言執行者や保証人にもなれないでしょう。また会社の取締役等にもなれないのです。けれどもこれらのリスクはおおよそ関係が無いときが多いのではないでしょうか。リスクはあんまり大きな物じゃない筈です。