函館市 多重債務 法律事務所

函館市在住の方が借金・債務整理の相談するならこちら!

借金が返せない

自分一人ではどうすることもできないのが、借金返済・多重債務の問題です。
金額がどんどん多くなり、金利くらいしか返済できない。
借金返済の問題は、1人で悩んでいても解決は難しいでしょう。
函館市の人も、まずネットの無料相談で、弁護士や司法書士に相談してみては?
いきなり事務所へ行って直接相談するよりも、インターネットの無料相談の方が、気後れしないで相談できるのではないでしょうか。
もちろん、函館市にも対応している法務事務所・法律事務所を紹介しています。
一人で悩まず、弁護士・司法書士に相談することが、借金解決への第一歩です。

借金や多重債務の相談を函館市在住の方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

函館市の多重債務・借金返済の悩み相談なら、コチラがおすすめです。
弁護士対応で、しかも全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が無料だから、現在の手持ちがなくても安心です。
弁護士代金の支払は、分割払いにも対応しています。
相談料ももちろん無料!
借金の督促をストップするのも可能。
自己破産、過払い金、個人再生、任意整理、など、債務について無料で相談できます。。
しかも、相談窓口では365日24時間、いつでも受付てくれます。
フリーダイヤル(電話料0円)で相談受付してくれるので、お金に悩んでいる方も今すぐ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、過払い・債務の悩みが相談できる司法書士事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたにピッタリの方法で、どうにもならない借金問題を解決に導きます。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円、戻ってきた過払い金から精算できます。
任意整理でも、和解成功報酬や減額報酬などを一切取らないため、おトクに解決することができます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性も安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

ここも全国に対応している司法書士事務所なので函館市に住んでいる方も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の費用は分割払いが可能なので安心です。
職場や家族にバレないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、1人で悩まないで、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



函館市近くの他の法律事務所・法務事務所紹介

函館市には他にも弁護士や司法書士の事務所があります。これらも参考にしてみてください。


●五稜郭法律事務所
北海道函館市梁川町6-6
0138-33-1551
http://ab.auone-net.jp

●酒井博司法書士事務所
北海道函館市新川町27-13
0138-27-0703

●岩崎順造司法書士事務所
北海道函館市堀川町3-8
0138-86-7070
http://jun-iwasaki.com

●河野法律事務所
北海道函館市大手町5-10
0138-27-8010

●兼平法律事務所
北海道函館市中島町23-16
0138-84-8325
http://kanehiralaw.com

●くにや司法書士法人本店
北海道函館市堀川町6-15
0138-30-4008
http://kuniya.biz

●嶋田法律事務所
北海道函館市新川町18-12
0138-23-4834

●川原京子司法書士事務所
北海道函館市新川町24-10 三光マンション 1F
0138-22-5544

●函館司法書士会
北海道函館市千歳町21-13 桐朋会館 3F
0138-27-0726
http://h-shiho.com

●島野潤一事務所
北海道函館市千歳町27-8
0138-22-5915

●佐藤武俊司法書士事務所
北海道函館市新川町27-7
0138-26-4051

●高橋義隆司法書士事務所
北海道函館市新川町12-13
0138-22-9005

●菅原法律事務所
北海道函館市新川町23-1
0138-22-3210

●函館弁護士会
北海道函館市上新川町1-3 函館弁護士会館 1F
0138-41-0232
http://plala.or.jp

●山崎法律事務所
北海道函館市時任町2-10
0138-51-1100

●小林法律事務所
北海道函館市大手町7-11
0138-22-1516

●司法書士山本直樹事務所
北海道函館市新川町24-11
0138-23-1399
http://yamamoto-siho.jp

●寒川功一司法書士事務所
北海道函館市新川町27-7
0138-27-1955

●植松法律事務所
北海道函館市若松町28-10
0138-21-1005

●室田法律事務所
北海道函館市海岸町10-13
0138-43-4178

函館市にある地元の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ただ、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やインターネットでの無料相談などの方が、心理的に相談しやすい方も多いのではないでしょうか。

函館市在住で借金返済、問題が膨らんだのはなぜ

借金がふくらんで返せなくなる原因は、大概浪費とギャンブルです。
パチスロや競馬などの中毒性の高い博打に夢中になり、借金をしてでも続けてしまう。
そのうちに借金はどんどん大きくなり、返済できない額になってしまう。
もしくは、クレジットカードやキャッシングなどでブランド物や高級品を大量に買い続け、借金も日増しに膨らんでいく。
車やバイクの改造など、お金のかかる趣味に入れあげてしまうのも、「浪費」と言えます。
自分の責任で借りた借金は、返済する必要があります。
ですが、高い金利もあって、完済するのは容易にはいかない。
そんな時ありがたいのが「債務整理」です。
弁護士や司法書士に相談して、借金・お金の問題の解消に最も良い策を探しましょう。

函館市/債務整理のデメリットとは|多重債務

債務整理にもさまざまな手段があって、任意で業者と話しをする任意整理と、裁判所を通した法的整理である個人再生や自己破産等の類が有ります。
じゃこれらの手続きについてどんな債務整理のデメリットがあるでしょうか。
この3つに共通している債務整理のデメリットとは、信用情報にそれらの手続を進めた事実が掲載されてしまうという事です。世に言うブラックリストという情況に陥るのです。
とすると、およそ5年から7年程度の間、ローンカードが作れなくなったり又は借り入れができない状態になるのです。けれども、貴方は返済金に日々苦しみ悩んでこの手続きを進める訳なので、もう暫くは借り入れしないほうが良いのじゃないでしょうか。
ローンカード依存にはまっている人は、むしろ借り入れができない状態なることで出来ない状態になる事によって救われるのではないかと思います。
次に個人再生もしくは自己破産の債務整理のデメリットですが、官報にこれ等の手続きをやった事実が載ってしまうことが挙げられるでしょう。しかしながら、あなたは官報等ご覧になった事が有りますか。逆に、「官報ってなに?」といった人の方が多数いるのではないでしょうか。
実際、官報は国が発行する新聞のようなものですが、ローン会社などのごくわずかな方しか見ません。ですので、「破産の実態が近所の人に広まった」などといった事はまずもってありません。
終わりに、破産独特の債務整理デメリットですが、1回破産すると7年間、再び破産できません。そこは留意して、2度と自己破産しなくても済むようにしましょう。

函館市|自己破産に潜むリスクとは?/多重債務

はっきり言えば社会一般で言われているほど自己破産のリスクはそんなに多くないです。土地、高価な車、マイホームなど高価値の物件は処分されますが、生活する上で必要な物は処分されません。
また20万円以下の預金も持っていて問題ないです。それと当面の間の数ケ月分の生活費用が100万未満ならば取り上げられる事は無いです。
官報に破産者のリストとして載りますがこれも極わずかな方しか見ないものです。
また俗にいうブラックリストに掲載されて7年間程の間キャッシング、ローンが使用出来ない状態となるのですが、これは致し方ないことです。
あと定められた職種に就職できなくなるという事もあります。しかしこれも極僅かな限られた範囲の職種です。
ですので債務超過で返す事のできない借金を抱えているのならば自己破産を実施すると言うのもひとつの方法です。自己破産を実行したら今までの借金が全くなくなり、新たな人生をスタート出来るということでよい点の方がより多いと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限とし弁護士や公認会計士や税理士や司法書士等の資格は無くなるのです。私法上の資格制限として遺言執行者や保証人や後見人にもなれません。また会社の取締役などにもなれないのです。しかしながらこれらのリスクはあんまり関係が無い場合が多いのじゃないでしょうか。リスクはさほど大きな物じゃ無いはずです。