松山市 多重債務 法律事務所

債務整理・借金の相談を松山市在住の方がするならどこがいい?

借金が返せない

借金の額が多すぎて返済が苦しい…。
多重債務を抱えているので、債務整理したい…。
もしそう思っているなら、一刻も早く弁護士・司法書士に相談を。
弁護士・司法書士が提案してくれる解決策で、督促がSTOPしたり、返済金額が減ったり、などというさまざまなメリットを受けられる可能性があります。
今ではネットで無料相談できる法務事務所や法律事務所もたくさんあります。
ここではそれらの中で、松山市にも対応している、おすすめの所を厳選して紹介しています。
また、松山市の地元にある他の法務事務所・法律事務所も載せているので、それらも参考にしてください。
借金問題は、一人だけで解決するのは難しいものです。
弁護士や司法書士の知恵を借りて、解決策を見つけましょう!

借金・多重債務の相談を松山市在住の方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

松山市の借金返済や債務解決の相談なら、ここがおすすめ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している法律事務所。
初期費用が無料なので、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
代金の支払は、分割払いの対応も可能です。
弁護士への相談料金ももちろん0円!
借金の督促をSTOPするのも可能です。
自己破産、過払い金、個人再生、任意整理、など、債務に関して相談することができます。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受け付けてくれます。
フリーダイヤル(通話料金0円)で相談受付できるので、借金返済で困っている方も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、債務・借金の悩みを相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、自分に適した方法で、どうしようもないほどの借金問題を解決に導きます。
それと、過払い請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から費用を支払えます。
任意整理においても、和解成功報酬や減額報酬などは一切支払わなくてよいため、お得に解決することが可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の人でも安心です。
まずは気軽に無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

松山市に住んでいる人が借金・債務整理の相談をするなら、まずコレもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネット上の借金解決のための診断ツールです。
とてもカンタンな3つの質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、月々の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、ちょっと不安。
そんな方にもピッタリです。
しかも、無料で、匿名で使えます☆
全国対応のサービスなので、松山市の人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名&無料で使える!
  • 全国対応!
借金解決のための第一歩として、無料診断を試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断・相談を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



松山市近くの他の弁護士・司法書士の事務所紹介

松山市には複数の法務事務所や法律事務所があります。参考にしてみてください。


●愛媛弁護士会
愛媛県松山市三番町4丁目8-8
089-941-6279
http://ehime-ben.or.jp

●鶴田勇司法書士事務所
愛媛県松山市保免西1丁目3-9
089-973-6663

●泉川孝三土地家屋調査士事務所
愛媛県松山市湊町7丁目1-22
089-941-4024

●高橋直人法律事務所
愛媛県松山市二番町2丁目8-18
089-915-1622

●弁護士法人たいよう松山事務所
愛媛県松山市大手町1丁目11-1 愛媛新聞・愛媛電算ビル 3F
089-907-5601
http://taiyo-lawoffice.com

●久保善行司法書士事務所
愛媛県松山市大手町2丁目1-1
089-932-1939

●(有)税経不動産鑑定
愛媛県松山市味酒町2丁目3-28
089-931-3744

●浅井輝夫司法書士・土地家屋調査士事務所
愛媛県松山市朝美2丁目7-12
089-922-8322

●伊佐岡彌一司法書士土地家屋調査士事務所
愛媛県松山市森松町220-9
089-970-3898

●久保田照邦司法書士事務所
愛媛県松山市味酒町2丁目13-30
089-943-4569

●高藤寛土地家屋調査士事務所
愛媛県松山市宮田町188-8
089-933-2022

●松並司法書士土地家屋調査士事務所
愛媛県松山市美沢2丁目7-6
089-917-8883

●真木啓明法律事務所
愛媛県松山市大街道3丁目1-4 日本生命大街道ビル 3F
089-933-4141

●酒井・森本・橋法律事務所
愛媛県松山市三番町4丁目7-7 愛媛汽船ビル5階
089-933-0119
http://ameblo.jp

●はるか愛媛支部愛媛松山法律事務所(弁護士法人)
愛媛県松山市千舟町5丁目5-3
089-907-3760

●佐藤法律事務所
愛媛県松山市 喜与町二丁目3-8 第3岡崎産業ビル2階
089-907-2780
http://ks-law.jp

●JOネットワーク(司法書士法人)
愛媛県松山市山越5丁目14-28
089-924-0400
http://jo-net.or.jp

●佐藤裕三司法書士事務所
愛媛県松山市宮田町188-8
089-947-5751

●宇都宮法律事務所
愛媛県松山市歩行町1丁目8-3 歩行町ビル 4F
089-946-0604

●アーバン・木下法律事務所
愛媛県松山市歩行町1丁目4-1
089-932-3829

松山市にある地元の法律事務所・法務事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ですが、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気負わずに相談できる方も多いのではないでしょうか。

借金の返済や多重債務に松山市在住で悩んでいる状態

複数の人や金融業者からお金を借りてしまった状況を「多重債務」と呼びます。
こっちからもあっちからも借金して、借金の額も返済先も増えてしまった状況です。
キャッシング会社で限度額まで借りたから、別のキャッシング会社でお金を借りる。
クレジットカードのリボ払いやキャッシングをして、クレジットカードを何枚も持ったり。
多重債務の状態にまでなってしまった方は、大抵はもう借金の返済が困難な状態になっています。
もはや、どうやってもお金が返せない、という状況です。
おまけに高い金利。
どうにもならない、手詰まりだ、と思ったら、法律事務所や法務事務所に相談するのが一番です。
司法書士や弁護士に相談し、自分の状態を説明し、解決するための方法を提示してもらうのです。
借金問題は、弁護士・司法書士知識・知恵を頼るのが良いでしょう。

松山市/任意整理のデメリットを調べよう|多重債務

借金の返金が滞ってしまった場合は出来る限り早急に措置していきましょう。
そのままにしてると今現在より更に利息は増大していきますし、収拾するのは一層難しくなるのではないかと思います。
借入れの支払をするのがどうしてもできなくなった時は債務整理がよくされるが、任意整理もまたとかく選ばれる方法の1つでしょう。
任意整理の場合は、自己破産の様に大切な私財を無くす必要が無く借り入れの減額ができます。
又職業又は資格の抑制も無いのです。
良いところのたくさんある手段と言えるが、逆にデメリットもありますから、欠点においても今1度考慮していきましょう。
任意整理のデメリットとして、まず借入れが全てなくなるというわけでは無いという事はきちんと理解しましょう。
削減をされた借入れはおよそ3年位で完済を目途にするので、しっかり支払プランを作る必要があります。
あと、任意整理は裁判所を介さずに債権者と直接話合いをする事が可能ですが、法令の知識の無い一般人ではそつなく交渉が出来ないときもあるでしょう。
さらにはデメリットとしては、任意整理をした際はそのデータが信用情報に載ってしまうことになるので、俗にいうブラック・リストの状態になります。
その結果任意整理をした後は大体五年〜七年ぐらいは新たに借入をしたり、カードを新たに作る事はまずできなくなるでしょう。

松山市|個人再生手続きは弁護士と司法書士のどちらが良いか/多重債務

個人再生を行う場合には、司法書士または弁護士に依頼を行うことができます。
まず、司法書士に個人再生の手続きを依頼した時、書類作成代理人として手続を行ってもらうことが出来るのです。
手続きをするときには、専門的な書類をつくってから裁判所に提出することになるのでしょうが、この手続きを任せることが出来ますので、面倒な手続を実施する必要が無いのです。
ただし、司法書士の場合では、手続の代行をする事は可能なんですが、代理人ではないので裁判所に行ったときに本人の代わりに裁判官に答える事ができません。
手続を実行する中で、裁判官からの質問を投げかけられる時、御自分で回答しなきゃいけません。なりません。一方、弁護士の場合、書類の代行手続だけではなくて、裁判所に行った場合に本人に代わって回答をしていただく事が可能です。
弁護士は、個人再生を始めとする債務整理手続に慣れてる情況になりますから、質問にも適格に受け答えをすることが出来手続がスムーズに実施できる様になります。
司法書士でも手続をやる事は可能ですが、個人再生に関しては面倒を感じるようなことなく手続をやりたいときに、弁護士に頼る方が安心することが出来るでしょう。